【バードフィーダーの基礎知識】バードフィーダーとは何か?

自宅の庭にバードフィーダー(餌台)を設置して、野鳥の観察などを楽しんでいる人がいます。

日本は国土面積が狭いことから、住宅の建築方法や、庭の楽しみ方にも非常に多くの工夫を見ることができます。

自宅の庭の楽しみ方として、最初にイメージするのは”ガーデニング“でしょうか。
自宅の庭に、自分の好きな木や花を植えることで、自由に植物を楽しむことができます。

そして、好みに応じて緑が加わったら、その空間をより楽しむためのガーデンファニチャーも欲しくなります。

ガーデンファニチャーの代表的なものとしては、ベンチやチェアーにテーブルなどを置くことで、自宅の庭でもくつろぐことができるようになります。

また、ガーデニングによって緑が増えてくると、そこには数多くの野鳥が遊びにやってくるようになります。

スズメやシジュウカラ・ヒヨドリまでやってきて、餌を求めて毎日のようにやって来るようになります。

ここで、バードフィーダーは、餌台としてただ設置すればよいというものではなく、設置をするときの注意点もいくつかあります。

バードフィーダーの基本的な知識を身に付けて、より楽しい庭作りができるような、幅広い情報を提供していきたいと思います。